色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

タミフルvs幼稚園児

大流行中のインフルエンザ、さすがにピークは過ぎたっぽいようなニュースを見ましたが、我が家でも次女(幼稚園児)がインフルエンザにかかりました。
処方されたのはタミフルです。
まさか、こんな戦いが待ってるとは・・・。

薬があまり得意でない長女と違い、何の抵抗もなく薬を飲み干すという特技を持った次女。
風邪ひいたときなんか、本当に楽でいいんです。
なんせ、嫌がることなく、ごくごく飲んでくれるので(小さいので、粉のお薬は水に溶かして飲ませるのです)。

今回、かかりつけの小児科で、インフルエンザに感染している、ということがわかり、処方されたのはタミフルです。
薬と一緒に配られたのが、服用から2日くらいは奇行が見られる可能性があるので、目を離さないように、というものでした。
なお、特に男の子に多い、というようなことも書いてありました。

スポンサーリンク

で、早速タミフルをいつもの風邪薬なんかと同じように水に溶かして飲ませました。
その時は「ん?」という表情でしたが、調子も悪かったのか、飲み干してそのまま寝てくれました。

タミフルは1日2回服用する必要があったので、夜にもう1度、いつものように飲ませました。
すると「うげぇ」というような声を出しました、が、どうにか飲んで寝てくれました。

そして今朝、タミフルを飲ませようとした、その時です。
なんと、タミフルの入った容器に向かって「ばーかばーかばーか!!」と罵り始めたのです。容器に向かって、ですよ。
まさか、これも奇行の一つなのかと、ちょっとビビりました。

次女いわく「苦すぎるにもほどがある」とのことでした。
薬の「味」とか関係なく、言われるがまま飲んでくれる、手のかからない子だと思ってましたが、どうやらタミフルは、その限界点を超えていたようです。

それでも、これあと8回飲んで熱が下がらないと幼稚園に行けないんだよ、ということで諭して、どうにか飲ませましたが。
夜のタミフルも、容器への暴言はなかったものの、「もう勘弁してくれよ」という表情で、飲んでいました。
まあ、長女もそうですが、根本的に薬嫌いな子は、もっと拒絶し抵抗する子もいるので、怪訝な表情をしながらも飲んでくれるだけいい方かもしれないですが。
まさかの、容器への暴言、これはちょっと衝撃でした。

あと、これは無関係(と思いたい)のですが、朝のタミフルを飲んだあと、次女が回転しながらジャンプを始めたのです。
これにも少し(奇行なのかと)ビビって、どうしたのか聞いてみたら「飛んでみたくなっただけ」と言ってましたが。
なんだろう・・・・。なんだったんだろう・・・。

かくして、あと6回。
解熱はしたっぽく、少し元気が出てきましたが、あと6回。
がんばれ!!

スポンサーリンク