色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

IT業界の転職に有利?!活用したいWebサービスの「アカウント」

転職する先にもよるのですが、企業によっては、Webサービスの内容で判断するところもある、という話です。

f:id:itry:20190603210849j:plain
具体的には、

  • GitHub
  • Qiita
  • SlideShare

です。

GitHubは、コードの実績が見えるからですね。
OSSへのプルリクからのマージ実績なんかあれば、なおよし、かもしれません。

Qiitaは、技術的な見解や、実績のアウトプットとして評価できるものになりますね。
技術的側面だけでなく、文章力も見えてくるのではないでしょうか。

そして最後がSlideShareです。
こちらも、技術的な表現力もそうですが、プレゼン力や資料作成のセンスなんかもみてとれますね。

スポンサーリンク
 

いずれも、ないと不利、ということではないですし、逆に、ソースコードレスが汚かったり、稚拙な文章や表現だったりで、悪印象を与えることもあるかと思います。
なお、即戦力を確実に欲しいベンチャー系なんかは、GitHubのアカウントが必須条件だったりするところもありますね。

あと、Twitterや、Facebook、InstagramなどのSNSは、十分に注意しましょう。
思わぬ本音が書かれていたりします。
或いは、会社のことなんか書いてたりすると、セキュリティリスクと捉えられかねません。
くれぐれも、バレないように注意するのではなく、やらかさないように注意してくださいね。

スポンサーリンク