色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

我が家の育児バイブル「あかちゃんのドレイ。」のススメ

書評という程のものでもありませんが、これはオススメです。
その理由をいくつかお教えしますね。

「あかちゃんのドレイ。」とは?

大久保ヒロミさん作で、講談社のKissで2005年から2011年に連載されていた漫画です。
育児マンガですが、要所要所に吹き出すようなギャグ要素があるんです。
それが、またいいですね。

うちでは、丁度、長女が産まれた頃に、妻がママ友に聞いて読み始めたのがきっかけです。
ギャグ要素が強いので、パパも楽しめるのが、この漫画のいい所ですね。

スポンサーリンク
 

ここがいい①

作者の大久保ヒロミさんの実体験が基になってます。
そこに、若干の妄想を加えてギャグ要素が強まっている感じです。

結構、あるあるネタが登場するので、ちょうどヒヨコ(=主人公の赤ちゃん)と同じ月齢の巻を読むと、共感できる事がたくさんです。
そこに、絶妙な妄想加減が加わって、ギャグ要素でまるめられています。
今、目の前で起こっている出来事(イヤイヤ期や、夜泣きなどなど)で、アレコレ考えるのが、なんかアホらしくなってくるのです。

「うちの子、ヒヨコに比べればマシ」って感じで。

ヒヨコと同じ月齢で読むと共感できますが、子どもが成長した後読むと、「こんな事あったけなあ」なんて、また違う感想を持てると思います。

ここがいい②

ピロキ(ピロミ=作者のヒロミさんがモデル)のダンナが、悪意ないいい加減ぷりで、いいです。
ピロキのおかげで、どれだけ救われた事か。

「ピロキに比べればマシ」って感じで(笑)。

ここがいい③

毎回、最後は必ずハッピーになって終わります。

単にギャグだけで終わらず、対処の手助けや気付きもありながら、最後はハッピエンドになります。
途中、妄想でピロミが毎回ネガティブな状態に陥りますが、最後は、子どもの成長を喜べる感じで締めくくってくれます。

あかちゃんのドレイ。 コミック 全6巻 完結セット (ワイドKC)

あかちゃんのドレイ。 コミック 全6巻 完結セット (ワイドKC)

 

現実のピロミ一家

大久保ヒロミさん、Twitterやってるんですが、つぶやき内容が、かなり面白いです。

日常のつぶやきなのに、こんなに面白い人がいるのか、と。

なお「あかちゃんのドレイ。」に登場する、ピロキ、ヒヨコ、雛子(ヒヨコ)の妹(いずれも実在)も、つぶやきによく登場しますが、なんとも楽しそうな一家ですね。

ヒヨコがもう、小学校5年生になったなんて・・・。
なんだか、ホノボノ。

ちなみに、ここで第1巻だけ試し読みできます。

スポンサーリンク