読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

幼稚園児を初めてカラオケに連れていってみた結果

先週末、ついにデビューさせました(笑)。

スポンサーリンク
 

想像通りの展開

まず、最初は子供は、状況を理解できませんので、挙動不審になります。
昼間だというのに、何か部屋は暗いし、音の出ていない映像だけのテレビ。
そして、やたらデカイ、リモコン。

で、手始めに、アンパンマンマーチを入れてみました。
そうすると、やや大きめの音量で、まずたじろぎます。

マイク

ところが、親を見るとどうでしょう。
かたや楽しそうに唄い、かたやマラカスでウホウホしてるじゃありませんか。
ちょっと、それ(マイク)よこせ、と。

そこからは、娘の独壇場でした。

完全に娘ルール

まず、原則として親は、マラカス、タンブリン、拍手で盛り上げないといけません。
完全に太鼓持ち芸人です。

で、リモコン操作がわからないので、曲の予約も一手に引き受けます。

たまに自分の持ち歌なんぞ入れようものなら「これじゃない」って感じになります。

その頃1歳児は・・・

音にあわせて、体を上下に揺すってます。
まあ、それなりに楽しんでる感じでした。

楽しそうだからいいや

カラオケ

まあ、あまりお金のかからないレジャーの一つとして、カラオケという選択肢も増やしたかったですし。

それには「楽しめる」事が大前提ですからね。

めいっぱい大きな声で「ありのぉぉぉぉままでぇぇ~」と唄う娘は、それはそれは気持ちよさそうでした。

スポンサーリンク