読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

1年に3回、GODIVAのチョコレートアイスを買うおっさん

そう、それは自分です。
1年に3回だけ、GODIVAのちょっといい、チョコレートアイスを買うんす。

1年に3回、GODIVAのチョコレートアイスを買うおっさん

3大行事

男にとって、といっていいだろうか、1年に3つ大きな行事があります。
クリスマス、ホワイトデー、そして妻の誕生日。
そう、何かを贈る日です。
これ忘れると、ちょっとしたところでひきずられるんす。

で、先日は、このうちの一つ、妻の誕生日だったんです。

この辺の3大行事、かつてまだ独身時代の付き合ってた頃、そりゃもう、グッチだ、Tiffanyだ、Marc Jacobsだ、欲しいものを買ってあげてた時期はありましたさ。
でも、結婚して小遣い制になり、懐事情を知る妻も、さすがにそういうのはねだらなくなりました。

ここ数年は、3千から5千円くらいの小物雑貨的なものが多いですかね。
それでも小遣い制の身にとっては大きな出費なんすよ。

スポンサーリンク
 

わかりきったサプライズ

そんなプレゼント事情の変化もありますが、もう一つ。
年月とともに、こういった行事を、当日に拘らなくなったってのもあります。

さすがに当日に、乾杯的なことはしますが、仕事でどうしても遅くなったりしてできないこともあります。
贈り物という点でいうと、その前後の週末に、となるわけですね。
でも、やっぱ当日に何かしてあげたい、という気持ちもココロのどこかにあるわけ。

で、妻の好きなGODIVAのチョコレートアイス(ベルジアン ダークチョコレート)を毎回、その行事の当日に買って帰ることにしている。
今回も、そうした。
400円のアイスなので、アイスとしては高級品の方す。
こういう日常の中のちょっとした贅沢が、うれしいようで、毎回、喜んで受け取ってくれてます。
もう、サプライズ感ゼロですが、変わらずリアクションしてくれるので、1年に3回、GODIVAのチョコレートアイスを買って帰ることが、なんとなく習慣付きました。

ゴディバ (GODIVA) ゴールドコレクション 12粒

ゴディバ (GODIVA) ゴールドコレクション 12粒

 

唯一の変化

それは、子供とアイスをとりあうこと・・・。
子1「ちょっとちょーだい、いーじゃん、いーじゃん」
子2「ちょーら(だ)い!ちょーら(だ)い!」
妻「これは、ワ・タ・シの!!」
こんなやりとりが、前回のホワイトデーあたりから始まり、今回も例外なく、親子コントを繰り広げてくれた。

結果、大人げなく、妻が完食した。
そんなやりとりも、まあ微笑ましくていいやね。

次はクリスマス。
また、この寸劇をみたくて、妻にだけチョコレートアイスを買って帰ろうと思う。

おまけ

誕生日やらクリスマス、当然、子供にはプレゼントあげてるんで、はい。
でも、チョコレートアイスは、妻にだけ、と決めている。
その特別感が、円満の秘訣だと勝手に思い込んでいるからね。
あと、遊び人に転職したくせに、ちょっといい話書きやがって!!!ってのはなしで。

スポンサーリンク