読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

中学校の同窓会の連絡がきたよ!!ただし、開催日が大問題だった

生活

とある通知が実家から届きました。
中学校の同窓会です。

スポンサーリンク
 

一通の封書

記憶が確かなら20歳の時に同窓会のお知らせがあった気がします。
ただ、その当時はすでに故郷を離れ、一人で首都圏で生活をしていて、都合もつかずで出席しませんでした。

そして、それから数年、いや数十年たち、実家に封書が届いたようです。
それが、中学校の同窓会の案内でした。

年末・年始は帰省しないことにしていて、その代わりに正月明けに、うちの母親が我が家に来るのが恒例となっているんですが。
その時に、封書を渡されました。

いざ開封

懐かしいなあ、いつだろう、どこだろう。
そんな事を思いながら封を開けてみました。

そこには、同窓会開催の案内と、出欠席の返信用ハガキが入っていました。
そして、いつだろう、きっとみんなが帰省する年末・年始か何かでもう終わってるんだろうなあ。
そんな事を考えながらも、仮に次の3連休で都合がつけば、がんばって帰省して出席しようか。
そんな期待を抱いたわけですが、その期待は数秒で打ち砕かれました。

日時:2014年11月2日(日)
返信期限:2014年9月30日(火)

いや、過去にも程があるでしょ。
同窓会の通知なんて封開けていいし。
ていうか、そういうのあったって電話一本くれればいいし。

「どうせ行かない」とか言いながら封を開けておきながら、イラっとしたりして。

当時を懐かしむ

封書には、ポータルサイトの開設もあわせて案内がありました。
さっそくサイトにログインしてみると、同窓会当日の写真がたくさん。

ひと目で誰だかわかった人もいれば、どこのおっさんかわからない人も。
女性は、もう誰が誰だか。

学年全体の同窓会とあって、出席者は結構な数でした。
見た感じ、先生は一人しかおられないようでしたが、まあ年齢的に厳しい方が多かったのかもしれません。

なんだか懐かしくなって、久々に連絡でもとってみようかな、と思ってみたり。

スポンサーリンク