読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

ニコライ・バーグマンとかいうフラワーアーティストがイケメンすぎるんだが

話題

先日、今日の料理、きょうの料理ビギナーズの流れで、そのままテレビをつけていたら、趣味Do楽が始まったんです。
内容は「ニコライ・バーグマンが贈る 北欧スタイル 花のある暮らし」とやらでした。

 

なにこのイケメン

フラワーブーケを作って母親に贈るとかいう回だったんですが、出演者の武田真治さん、木佐彩子さんより目についたのが、フラワーアーティストのニコライ・バーグマンさんでした。
いや、男の自分からみても、まあイケメンだなと思ったんですが、日本語の上手なこと、上手なこと。
なんとなく観てただけなのに、気づけば1歳児を除いて家族全員がテレビに夢中になり「日本語うますぎ」とか「花まとめるのうますぎ」とか。

なんても、ニコライ・バーグマンさんはデンマーク出身で、父の仕事の縁があって19歳の時に来日。
日本に魅せられて日本に移住した後、街のお花屋さんで修行を積んで、そのまま世界的なフラワーアーティストになったそうです。

スポンサーリンク
 

いろいろやってます

「ニコライ・バーグマン・インターナショナル・スクール・オブ・フロリストリー」とかいう、フラワーデザインのスクールもやってるそうです。
さぞかし人気なんだろうなあ。

INTERNATIONAL SCHOOL OF FLORISTRY | nicolaibergmann.co.jp


あとオンラインショップで、ブーケなどの花を購入することもできるみたいです。
花って、結婚式の時の印象だけでいうと、随分高いなあ、というイメージですが。
世界的なフラワーアーティストの、って事を考えると、むしろ安めなのかなあ、とか思ってみたり。

Nicolai Bergmann


そして極めつけが、表参道のカフェ
「Nicolai Bergmann NOMU」というお店でお茶やスイーツ、あとランチメニューなんかもあるみたいです。
フラワーショップも併設しているようで、店内はお花でいっぱいなんだそうで。
これは行ってみたいですね。

ニコライ・バーグマン 花と幸せを運ぶ日常

ニコライ・バーグマン 花と幸せを運ぶ日常

 

まとめ

日本が好きな外国の方って、まあ下手すると我々日本人よりも日本の事が詳しくて日本の文化の事を思ってくれてたりします。
少し、見習わないといけない部分があるかもしれません。

あと、どうでもいい事ですが「花」と聞いて思い浮かべるといったら、やっぱり華道家の仮屋崎省吾氏ですね。
彼はきっと、ニコライ・バーグマン推しに違いない。
色んな意味でね(笑)。

スポンサーリンク