読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

「変なおじさん」が時代や世代を超えたスーパースターだったことが判明

子供の心をつかむのって、時代や世代なんて関係ないんですね。
ってことを実感しました。

スポンサーリンク
 

変なおじさん

志村けんのだいじょうぶだぁ」の人気キャラですね。
だいたいいつも同じ流れで

石野陽子松本典子がOLか何かで戯れてる

そこに変なおじさんが、背後や死角で何かはじめる

やがて女性陣が気付いて「きゃぁぁぁぁぁぁ」と悲鳴

そこに、桑野信義もしくは田代まさしがやってきて、女性陣にどうしたのか聞く

女性陣「このおじさん、変なんです」

男性陣「なんだ君は」

変なおじさん「なんだちみはってか」「そうですわたすぃが変なおじさんです」「変なおじさん♪」で踊る

変なおじさん「だっふんだ!」

一同こける


後に、出演者が優香やダチョウ倶楽部肥後克広だったりしますが、流れはだいたい一緒です。

4歳児にバカうけ

たまたまYouTubeで関連動画か何かで出てきたのがきっかけなんですが。
オフィシャルなものではなく、テレビを映した動画っぽかったんですが。
変なおじさんはもちろん、志村けんすらよくわからない娘ですが、この異様なコントに大爆笑。

すっかりお気に入りの動画になってしまったようで。

母は困惑

何より恐れているが、それを幼稚園やお友達の前でやらないか、ということを妻は恐れているようです。
やっぱり、女の子ですからね。

ただ、そんな困惑をよそに、変なおじさんのダンスを得意気に披露する娘がいるわけです。

なお、現在のところ、家以外でダンスを披露している形跡はない、とのことです。

父は感心

一方、虎ちゃんの感想は「さすが志村けんだな・・・」、それが第一印象でした。
かつて、自分が「8時だよ全員集合全員集合」で志村けんをはじめとするザ・ドリフターズの虜だったことを思い出しました。

彼らのコントといえば、とどのつまりはワンパターンなんでしょうけど、それが子供にもわかりやすい、純粋な面白さだと思うんです。
その面白さは、昭和から平成、20世紀から21世紀。
親から子。
時代も世代も超越した笑いだったんです。

そこに「変なおじさん」という色濃いキャラが見事にマッチングしたというわけですね。

親子で、お腹を抱えて一緒に笑える。
そんな時間をくれた変なおじさんは、まさにスーパースターですね。

スポンサーリンク