読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

経済素人が話題のピケティについて調べてみた

最近「ピケティ」という名前をよく耳にします。
経済学者のトマ・ピケティ氏のことです。
恥ずかしながら、氏の事をよくわからないので、軽く調べてみました。

スポンサーリンク
 

トマ・ピケティという男

フランスの経済学者で現在43歳。
歴史比較の観点からの研究を行い、2002年にはフランス最優秀若手経済学者賞を受賞しているそうです。

トマ・ピケティ
wikiより

ちなみに虎ちゃんには、見た目が、ロバート・ラングドン演じるトム・ハンクスにしか見えません。

日本経済について

日本の経済政策について、こんな提言をしています。
・物価上昇を起こそうという姿勢は正しい。
・消費税増税は過ちだった。
・賃上げ強化による所得増をすべき。
・固定資産税や相続財産など、高齢者を中心とした富裕層への課税を増やすべき。
歳出削減はNG。

どちらかというと、庶民が求めているような内容のように思えます。

経済

本がバカ売れ

去年の12月8日に「21世紀の資本」日本語訳版が発売されましたが、これがバカ売れしているそうです。
そして、何よりスゴイのが、この本、なんとお6,000円近くする、本としてはかなりな高額なわけです。
それが、発売1ヶ月で13万部。
すごいですねえ。

21世紀の資本

21世紀の資本

 

素人向けには

ドラッカー本のように、漫画で解説してくれる本がそのうち出てくるでしょう。
既に21世紀の資本の入門書のようなものは出回ってるようです。

とりあえず、現時点では「ピケティ」という名前だけでも頭に入れておくとします。

スポンサーリンク