色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

料理番組 キッチン戦隊クックルンは、子供に見せるべき番組かもしれない

NHKのEテレでやってる、子供向けの番組、ゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン。
最近、うちの子が、ドはまりしております。

設定

登場人物は、イチゴ、アオイという、かわいい系少女と、ハッサクという少年。
この3人が、主人公で、キッチン戦隊となる面々です。
ちなみに、キッチン戦隊というだけあって、悪役と戦う設定になってますが、敵はいずれも食材にちなんだものになっています。
が、いわゆる戦闘ものではなく、ちゃんと料理しながら、なストーリーになってます。

スポンサーリンク
 

ここがいい!

まあ、食育的要素がありますね。
敵にちなんだ食材、例えばピーマンなんかの食材を、ミラクルキッチンで調理するわけです。
そう、子供が苦手な野菜なんかを敵にみなして、それを「おいしく」調理してやっつけるわけです。
子供って、こういうの好きですよね。

あと、調理のシーンは、わりかし普通に解説しながら調理します。
子供向けらしく、子供でもできそうな難易度でありつつ、きちんとポイントも教えてくれます。

NHKゴー! ゴー! キッチン戦隊クックルン おうちでごちそう (教養・文化シリーズ)

NHKゴー! ゴー! キッチン戦隊クックルン おうちでごちそう (教養・文化シリーズ)

 

女児はもちろん、ハッサクという少年(イチゴの弟役)も出てます。
だから、男児ももちろん、料理したっていいんです。
料理=女の子のすること、という概念はいらないんです。

まとめ

うちの子は二人とも女児ですが、例外なく、料理に興味を抱きまくってます。
長女の方はずいぶん前から、マイ包丁なんか持って料理のお手伝いとかしてましたが、次女の方もクックルンを見てから、ずいぶん興味が増したようです。

以前にもエントリーしましたが、子供って、苦手な食材も、自分で料理した、あるいは料理のお手伝いをすれば、頑張って食べるようになるものです。
そういう意味でも、こういう身近な年齢の子供が、ちょっとファンタジーな要素もいれつつ、わかりやすく調理方法やポイントを教えてくれるこの番組は、食育にもってこいではないかと思います。
おすすめします。<

スポンサーリンク