読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

2016年上半期を賑わせた人々で打線を組んでみた

今週のお題「2016上半期」ということで、気付けば、あと数日で今年も半分が終わってしまうんですね。

1. イチロー

日米の安打数で、合算どうこうとメジャーでは騒いでますが、まあ、素直に凄いですよね。
メジャー単独でも、間もなく3,000本安打に到達ですもの。
単独の3,000本でさえ、この長いメジャーの歴史の中で29人しかいません。
それを15年たらずで到達ですからね。
現在進行形で、来年も再来年も、記録を更新し続けて、毎年の顔になってほしい。

2. ベッキー

正月早々話題ふりまいてくれまして。
センテンススプリングなんて、素敵な言葉まで産み出してくれました。
ハーフ芸能人もたくさんいるし、もうこのままフェードアウトですかね。

ベッキーさんの悲しみや苦しみの乗り越え方

ベッキーさんの悲しみや苦しみの乗り越え方

 

3. SMAP

まあ、ちょいちょいと解散騒動は起こる人たちですが、あそこまで大々的になると、さすがに気になりますね。
今年の秋が一つの正念場みたいですが、どうなんでしょうね。
少しづつ、メンバー内格差みたいのが浮き彫りになってきているような気がしなくもありません。

SMAP解散騒動の全内幕

SMAP解散騒動の全内幕

 

4. 清原和博

4番、ファースト、清原。
この人も、兼ねてから黒い噂が絶えませんでしたが、いざ逮捕された時は、驚きましたね。
前途多難であることは間違いないですが、再犯しないことを願いたいですね。

スポンサーリンク
 

5. ドナルド・トランプ

アメリカの大統領候補のおっさんです。
去年は、なんか過激なおっさんが出てきたなあ(笑)くらいだったんですが、あれよあれよという間に、ここまで来ました。
最近は、支持層の拡大を意識してなのか、あの過激なトークがトーンダウンしてるようですが、実際に大統領になった時は、どうなるんでしょうか。

THE TRUMP - 傷ついたアメリカ、最強の切り札 -

THE TRUMP - 傷ついたアメリカ、最強の切り札 -

  • 作者: ドナルド・ J ・トランプ,岩下慶一
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2016/06/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

6. ショーンK

学歴詐称で消えた人ですね。
あまりテレビみないので、よく知らないですが、学歴だけじゃなく、いろいろ偽ってたみたいですが。
既に、そんな奴いたなあ、くらいな印象ですが、せっかく思い出したんで。

7. モハメド・アリ

世代的に、リアルタイムに試合を見ていたわけではないですが、亡くなって、その偉大さを知ることになりました。
いわゆる、相手を挑発するというパフォーマンスが印象に強かったですが、その裏に、あれだけの人種差別との戦いがあったなんてね。

カリスマ―神に最も近づいた男モハメド・アリ

カリスマ―神に最も近づいた男モハメド・アリ

  • 作者: ジェラルドアーリー,鈴木孝男,Gerald Early
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 1999/06
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

8. 甘利明

お金問題で経済再生相を辞めたわけですが。
さて追及といったところで、清原逮捕で、マスコミの報道が一斉にそっち方面に。
スケープゴートとして、あのタイミングでの逮捕だったんじゃなかろうか、と思えるほどでしたが、まあしかし、汚いお金好きですね。政治家のみなさんは。

われら知財派―知財国富論

われら知財派―知財国富論

 

9. 舛添要一

お金問題で、政治家のバッテリー組んだらよろしい。
やってる事の一つ一つが、せこい内容ばかりでしたが、ここ最近の報道っぷりを見る限り、完全にエース級でしたね。

守護霊インタビュー 都知事 舛添要一 マスコミへの反撃 (OR books)

守護霊インタビュー 都知事 舛添要一 マスコミへの反撃 (OR books)

 

まとめ

なんか、不倫とお金問題に揺れた上半期なイメージでしたね。
下半期は、いい意味での「顔」を期待したいですね。
オリンピックでのヒーロー、ヒロインに期待したいと思います。

スポンサーリンク