読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

サンタクロースが最強すぎて、お世話にならずにいられない

育児

この時期、子供たちはウキウキです。
なぜなら、サンタクロースがもうじきやってくる、と信じているから。

プレゼント問題

先日、長女「ベル」、次女「シンデレラ」と謎のメモを、サンタクロース宛ての手紙だといって渡された、妻と私。
この謎を解明するより、方向転換がよいだろう、ということで、あれやこれや情報操作を行った結果、
長女:巨大なハムスターのぬいぐるみ
次女:りかちゃん人形+ドーナツ屋
に落ち着きました。

すでに、トイザらスでGETし、クローゼットの奥深くに隠してあり、25日の朝を待つだけ、という状況です。

スポンサーリンク
 

サンタのおじさん来る来ない問題

とにかく、サンタさんが来ると信じてやまない子供たちですが、一方で「いい子にしていないと来ない」という社会的風潮があることも、知ってます。
なぜか3歳児の次女まで知ってます。

普段「野菜いや」「お風呂いや」「お着換えいや」「歯磨きいや」「まだ寝ない」と、言いたい放題な子供たちですが、この時期にだけ使える「サンタさん来ないよ」の言葉で、野菜モリモリ、お風呂速攻、着替え自ら、歯磨きごしごし、即就寝、と、まあテキパキと動きます。

「いい子にしていないとサンタさん来ない」
この最強のトレンドワード考えた人、まさに天才です。感謝の言葉しかありません。

あと数日

ただ、サンタを信じなくなるころには、そういうのも、いやだいやだ騒がずに自発的にやってくれるんだろう、と希望観測的な考えも少しあります。
まあ、自分が子供のころの事を振り返ると、まあ、そんなことないと思いますが。

むしろ、サンタなんぞ信じてない癖に、高額な玩具を要求するだけになったりしそうで怖い。

まあ、ある意味、このわずかな期間、本当にいい子にしてくれるサンタの存在が、親にとってのクリスマスプレゼントなのかもしれないね。

スポンサーリンク