色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

おっさんホイホイ、駄菓子屋を熱く語ってみる

最近、自分で気づいたことがある。
それは、おっさんホイホイに弱いってことだ。
うん、引っかかるくらいなら、引っかける側にまわろうじゃないか。
ホイホイ。ホイホイ。

最近、ショッピングモールの中なんかにも、駄菓子屋はあるんだけど。
所詮、雰囲気だけで、やっぱホンモノとは全然違うんだよなあ。
何が違うかって。

まず、ガキから消費税とんなや。
5円の飴とかおきやがれ。
チロルチョコは10円じゃないんかい。
うまい棒見習えや。

スポンサーリンク
 


それから、スルメとかはバラ売りせいや。
なんで樽ごと売るん?
高くて手え出せないやん。
バカなの?ねえ、バカなの?
1本づつ売れっちゅうの。

よっちゃん よっちゃん酢いか50本入 50本

よっちゃん よっちゃん酢いか50本入 50本

 

それから、くじ少なすぎ。
俺の好きな、プロレスラーの名前だけ書いた変なシールのくじ。
あれ復活させえよ。
「長州力」とだけ書かれたシール、どんだけカンペンに貼ったと思ってんだよ。
あれ、今の子にも味あわさせたれよ。

それから、レジ。いらんいらん。
お菓子買うのにカゴに入れて並ぶって、なんなんだよ。
その都度お会計が基本だろ。
買ってその場で食べ始めるのが、マナーだろうが。

最後に、おでん置けよ!
静岡育ちにとって、おでんの無い駄菓子屋なんて、駄菓子屋じゃねえ。
今思えば、なんでお小遣いで、黒はんぺんとか渋いの買ってたかわからねえが、体が欲してたんだろ、それがソウルフードってやつだろ。
コンビニのおでんじゃねえ。駄菓子屋のおばちゃんが作ったおでんじゃなきゃ、ダメだ。

というわけで、昨今の駄菓子屋さん。
ショッピングモールだって家賃高いだろうに。
それにバイトも使ってるし。
どうやって利益出してんだろ、といつもいつも不思議に思ってる。
どういうビジネスモデルになってんだろうね?

スポンサーリンク