読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

アンパンマンチョコが、予想以上の美味だった

育児 グルメ

買い物に行く度に、買え買えとせがまれ買わされるアンパンマンチョコ。
家に着くころには買ったことを忘れていることもしばしあり、冷蔵庫の奥に何個かストックされている。
なんか甘いもの欲しいなあ、と思って、一つ拝借してみた。

アンパンマンぺロペロチョコ

種類

正式名称は、アンパンマンペロペロチョコ。
不二家から出ている。
てっきり、子供の頃好きだった、グリコのぺロティの一種かと思ってたら、不二家だったんだ。今更ながら知った。

不二家  アンパンマンペロペロチョコ  1本×12個

不二家 アンパンマンペロペロチョコ 1本×12個

 

このペロペロチョコ、いくつかのキャラクターが出ていいる。
・アンパンマン
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・メロンパンナちゃん
・あかちゃんまん
同じキャラでも、素の顔から、笑ってる顔とか、微妙に表情が違うバージョンがある。
あと知らなかったんだけど、棒がピンクと黄色の2種類あるとか。
さらに、食べ終わったら、棒に彫り込まれているキャラを粘土に押し付けて遊べたりもするらしい(公式サイトより)。

ランキング

我が、娘は、その日の気分によって買うものを替えるんだけど、なんとなく印象的に、選ぶ頻度がこんな風になってる。

1.ドキンちゃん
2.アンパンマン
3.あかちゃんまん
4.メロンパンナちゃん
5.ばいきんまん

ドキンちゃんは、恐らくキャラのかわいさと、イチゴ味部分の多さではないかと分析している。
アンパンマンは、やはりメインキャラだけに、惹きつけられるのだろう。
あかちゃんまんは、ドキンちゃんと同じく、イチゴ味部分が多いから、と思われるが、キャラに対する愛着心の差で、この順位になっているのではないか。
メロンパンナちゃんは、まあかわいさだけ、みたいなとこがある。
一番、頻度が少ないのがばいきんまん。
幼いながら、あの虫歯みたいの食べるってどうよ、みたいな心理が働くのか。

スポンサーリンク
 

類似品

自分的には、グリコぺロティこそ王道かと思うけど、うちのチビからすると、他は他、のようで、あまり買おうとはしない。
やはり、味もさることながら、子供にとってキャラの影響は絶大なようだ。

ただ、ごくごく稀に、ペコちゃんのチョコレート。

不二家 ペコポコチョコレート 24g×12箱

不二家 ペコポコチョコレート 24g×12箱

 

あるいは、ミッキーのチョコレート。

江崎グリコ ペロティ<ミッキー&ミニー> 19g×12個

江崎グリコ ペロティ<ミッキー&ミニー> 19g×12個

 

も選ぶことがある。
ただ、コレが欲しい、というよりは、アンパンマンチョコが売ってなかったり、目当てのキャラが売り切れだったりした時の保険用のようにもみえる。

ちなみに、マリオのチョコレート。

グリコ ペロティ スーパーマリオ 20g 12コ入り

グリコ ペロティ スーパーマリオ 20g 12コ入り

 

妖怪ウォッチのチョコレート。

江崎グリコ ペロティ(妖怪ウォッチ) 17g×12個

江崎グリコ ペロティ(妖怪ウォッチ) 17g×12個

 

これらのキャラチョコも、お店でよく目にするが、うちの娘にはノー眼中のようだ。

まとめ

今回、うちにあった3種類のうち、あかちゃんまんを頂いてみた。
う~ん、この普通とイチゴの見事なバランス。
前歯でコリっとくだける、ほどよい固さ(分厚さ)。
そして、もうちょっと食べたくなる、多すぎない絶妙な量。
これは、なかなか侮れないかもしれない、と思った。

これからも、在庫整理のため、たまに冷蔵庫の中のストックを拝借しようと思う。

スポンサーリンク