色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

ダニに噛まれた!!と思ったら帯状疱疹だった・・・

8月の中旬あたりに、背中に痒みと痛みを感じ、妻にみてもらったら、なんか虫に刺されたような感じに。
ただ蚊とは違う感じだったので、ダニかなあ、なんて感じでほっといてました。

痛い

左脇下に

それから数日後、今度は左脇下に赤い発疹が。
今度は、チクチクと痛い。
またダニ?なんて感じで、これまた数日放置。

ただ、今回は、チクチクとした痛みの他に、胸から背中にかけて、筋肉痛のような鈍痛が。

皮膚科に

最初の背中の痒みというか痛みも一向に治る気配がなく、脇腹の痛みもかなり強かったので、とりあえず行ってみたら、即「帯状疱疹ですね」と。

名前は聞いたことありますが、帯状疱疹って一体なんでしょう。

スポンサーリンク
 

帯状疱疹

子どもの頃になる水疱瘡の残存ウィルスが、大人になり、過労やストレスなどにより免疫が低下したところで、復活して悪さをするものです。
このウィルスが、神経を攻撃するというから、厄介です。

症状としては、チクチクとした痛みと、赤い発疹。
それが、体の左右どちらか一方にだけ現れるそうです。
痛みが強くて入院するケースもあるそうですが、自分の場合は、そこまでではないというのと、どうやら時間が経ちすぎてピークは過ぎた感があるので、1週間ほどの投薬でウィルス退治を試みることになりました。

薬が高い

自分が処方されたのは、
・ファムビル錠(抗ウィルス薬)
・メチコバール錠(神経再生)
・カロナール錠(鎮痛剤)
・ムコスタ錠(胃薬)
の4種類。皮膚の薬ですが、塗り薬ではなく、全部飲み薬です。
このうち、カロナール錠とムコスタ錠は、風邪とかでも処方される、割と馴染みのある薬ですね。

で、この1週間分の処方箋代が、6,800円
通常、風邪なんかでも抗生物質なんかを含む数種類1週間分で、高くても1,000円には収まるので、「680円」を言い間違えてるのかと思ってレジを見たら、確かに「6,800円」でした。
保険で3割負担なので、処方代も含まれてますが、元が20,000円近くになるんでしょうか。
かなりビビりました。

乳幼児には注意

ウィルスの根源が、水疱瘡と同じもの、ということで、水疱瘡やってない乳幼児への感染リスクがあるそうです。
うちは、2歳の次女が、半年前に1回目の予防接種を受けただけで、まだ水疱瘡やってません。

先月の手足口病では、次女に感染してしまったので、今回は気を付けないと。
といっても、既に2週間近く、普通に接してしまってますが・・・。

まとめ

この夏は、手足口病にかかったり、なかなか厄介なものに遭遇します。
とりあえず、痛みの原因もわかったし、しばらく高価な薬を飲んで、痛みが退くのを待ちます。
今回は「ダニ」と勝手に思い込んで放置してましたが、さっさと皮膚科に行けばよかったというのが反省点です。
素人の思い込みはダメですね。

最近ちょっとストレス耐性が低下しつつあるので、何か気分転換したいところですね。

スポンサーリンク