色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

扇風機をつけたまま寝ると死ぬという噂

関東地方は梅雨も明け、暑い日が続いてます。
特に、寝苦しい夜、熱帯夜ってホント嫌ですね。

扇風機

毎朝の日課

朝5時前に起床し、6時には家を出てしまうわけですが、暑い日は、その時間にはもう部屋が暑かったりします。

子供たちは、基本的に布団をはいで寝てしまうのですが、やはり怖いのは熱中症。
マンションなので、ベランダや部屋の窓を開けるのですが、風が入ってくる日はいいですが、開けても風が入るどころか、熱気だけがじんわり侵入してくる日なんかもあります。

そんな日は、部屋温度27から28度くらいでエアコンをつけて、かけても無駄であろう肌掛けを子供たちにかけて、しれっと家を出ます。
暑さ対策は必要ですが、冷え過ぎも怖いですからね。

スポンサーリンク
 

扇風機をつけたまま寝ると死ぬという噂

昔からよく聞きますよね、この話。
人間は、寝ている間は体温調整がうまく機能していないんだそうです。
この状態で、風に当たり続けると、体の表面が下がり続けてしまい、その延長で血行障害や心臓麻痺なんかを引き起こす・・・。という説があるみたいです。

特に、小さい子供なんかは、寝ている最中の異変に、自分自身で気づきづらいですからね。
あくまで「噂」ではあるんですが、怖いといえば怖いです。
というわけで、我が家の寝室の扇風機は、壁側に向いてスイングしてます。

目的は、風を巡回させる、ということ。
エアコンの併用すると、エアコンの冷風がよく行きわたる気がします。

寝る前はガッツリ扇風機の風を浴びますが、それ以外は、サーキュレーター的な使い方ですね。

こういった噂は、信じるも信じないも、それぞれと思いますが、やはり寝ている間の熱中症対策と冷え過ぎ対策の事を考えると、慎重になってしまいますね。

なお、今朝はわずかながら涼しい風が吹いていましたので、自然風で。
もう少しすると、朝5時台でも容赦なく蝉が鳴きまくってるので、これも出来なくなりそうですが。

スポンサーリンク