読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

充電してるのにバッテリーがゼロ?!深夜にスマホが大暴走

IT

深夜寝静まっている時、スマホから聞いたことがない音が発せられました。
音を止めようにも止め方がわからない。
これは一体、何事でしょう。

スマホ

音の原因

バッテリー残量が少ない、という警告でした。
いつも枕元に充電しながらスマホを置いて寝るんですが、たまに、コネクタがちゃんとささってなくて、うまく充電できない事があるんです。
今回もそれかな、なんて思っていました。

で、コネクタを一度差しなおして、また眠りにつこうとしました。

が、その後、数十秒ほどでまた警告音がなりだし、やがてスマホの電源がダウンしました。
スマホは、もの凄い熱くなってます。
一体、何事でしょう。

スポンサーリンク
 

充電速度 < バッテリー消費速度?

バッテリーが完全にゼロだと、しばらくスマホは起動しません。
充電ランプが点滅していることを確認してから、3分ほどたったところで、ようやくスマホを起動。
バッテリーは1%の状態で、充電状態になっていました。

で、いったいなぜバッテリーがガンガン減っているのだろう、ということで、Battery Mixで調べてみました。

Android app on Google Play

まず、時系列的にはこうです。

バッテリー消費

1時00分頃 就寝(充電開始)→ 徐々にバッテリーが回復しはじめる。
1時30分頃 なぜかバッテリーが凄い確度で減り始める。CPUも食っていることが判明。
3時30分頃 充電しているものの、バッテリー完全にゼロになり、スマホが電源ダウン。
3時50分頃 引き続き充電継続により、バッテリーが回復。スマホ再起動により、その後の暴走もなく通常稼働。
で、よく見ると、バッテリーの減りが始まってから、充電されてません。
暴走がきっかけで充電されなくなったのか、あるいはその逆かは定かではありませんが、2時間たらずで50%近いバッテリー消費は、やはり異常です。
なお、就寝前はゲームをやってたので、CPUの使用率もバッテリーの減りも、それなりにあって当然、という状況でした。

暴走の原因

稼働プロセス

バッテリーを消費しているプロセスをみてみると、
・Google Play開発者サービス
・Storage Capability
・persistent
・Google+
などが上位にあることがわかります。
何かといわくつきのGoogle Play開発者サービスがありますね。
何だか、嫌な予感。
あとは、聞いたこともないようなStorage Capabilityとpersistent。
いずれも、恐らくバックグランドで動くようなプロセスと思われますが、Google+のプロセス消費の高さが気になります。
というのも、Google+は使ってません。
アプリを使ってないどころか、スマホで使っているGoogleアカウントで、利用開始の操作すらやってません。
これが原因でしょうか・・・。

とりあえず、Google+を停止

その後安定はしていますが何か気持ち悪いので、アプリの一覧から、Google+を選び「強制停止」させました。
そういえば、最近、Google+のアップデートがあった気もします。

その他には、前の日に、Docomoのアプリアップデートの通知があり、9個ほどアップデートしました。
あとは、追加でいれているSDカードのトラブルによる、スキャン障害。
さらには、こんな事もあるようで、もしかしたらXperia固有の問題とか。
(虎ちゃんの機種は、Xperia Z1 SO-01F)

いずれにしても、何かしらのきっかけがあったとは思いますが、しかし、夜中の警告音。
子供たちが起きてしまったのは、言うまでもありません。

しかし、外出先で暴走が始まらなかっただけ、まだマシと考えた方がいいでしょうか。
いずれにしても、しばらく様子見ですね。

スポンサーリンク