読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

子供を1年半以上あやし続けた結果

育児

首筋から上腕にかけて、かなりの筋肉がつきました。
子供は喜び、自分はジムに通わずとも、自然にトレーニングができ、一石二鳥でした、と。

トレーニング

子供は高いところが好き?

長女の時も、ある時、妻から「首、太くなったね」と言われた事がありました。
それは、太ったというより、筋肉がついたような感じでした。

が、長女は抱っこよりも、自分でたって遊ぶのが好きな子だったので、そこまで抱っこしたイメージがありません。
それでも、それなりに筋肉がついていたようです。

で、次女ですが、こちらは抱っこが好きなんです。
抱っこといっても、より高いところを望むようで、脇を抱えた状態でパワーリフトのように高くまで持ち上げると、きゃあきゃあ言って喜びます。

スポンサーリンク
 

日々の積み重ね

首が据わった頃から、現在も、これが好きなんです。

首が据わった頃といえば、体重にして、だいたい4kgから5Kg。
そして1歳9カ月になった現在は、11Kg弱。

いきなり11Kgのダンベルはキツイですが、4Kg程度から日課のように持ち上げていると、持ち上がるもんですね。
忍者が、植えた苗をジャンプして、それを続けることで高くなった木を飛び越えられる、みたいな、アレです。

さすがに幼稚園の年中さんになった長女は重く感じますがね。

そんなこんなで継続した結果、特に上腕筋は、なかなか立派な感じになりました。

腕立て伏せなんかの筋トレは、志こそあるものの、長く続けられない性格ですが、育児の一環ということで、ある種、やらざるを得ない状況とあらば、苦なく続けられるものですね。

注意事項

基本的なことですが、首の据わってない赤ちゃんは、自分の首より上には持ち上げないでください。
とても危険です。

あと、いわゆる「たかいたかい」といって、上に持ち上げた状態でパッと手を離して、下で受け止めるみたいなアレ。
アレは、揺さぶられっ子症候群になりますので、やめましょうね。

あくまでも、上に持ち上げてあげるだけです。

あと、ある程度大きくなった子で突然やると、予想以上に重くてバランスを崩したり、腰を痛めますので、それもご注意ください。
あやすための自己犠牲になるだけでなく、子供自身にも危険が及びます。

というわけで、次女のあやしトレーニング。
どれくらいまでできるかわかりませんが、日々の成長を感じながら、もう少し続けたいと思います。

スポンサーリンク