読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

パパ=できるかな、 娘=ノージーのひらめき工房、工作番組の今・昔

NHKのEテレといえば、子供の教育向け番組が多いですよね。
中でも工作を扱った番組は子供にも人気です。

スポンサーリンク
 

できるかな

昭和生まれの虎ちゃんは、やはり「できるかな」です。
何もしゃべらないノッポさんと、「んんんん~」しか言わないゴンタ君。
番組はナレーションを中心に進行していきます。

記憶によく残っているのが、ノッポさんの器用さです。
まあ、工作番組なので、ある程度器用でないと採用されないんでしょうけど。

あと、子供のころ、実はノッポさんって、おじさんなのか、おばさんなのか分かってなかったです。
正解はおじさんなんですけど。
ノッポさんの行動をナビゲートするナレーションが故つかせのりこさん(女性)だったというのと、あの帽子ですかね。
あの、おじさんらしからぬ謎めいた風貌も、惑わされた原因だったかもしれません。

ノッポさんが選んだ完全保存版 できるかな ベスト30選(5枚組) [DVD]

ノッポさんが選んだ完全保存版 できるかな ベスト30選(5枚組) [DVD]

 

ノージーのひらめき工房

最近はノージーのひらめき工房という工作番組があります。
2012年から放送しているみたいですが、知りませんでした。
先日、お友達の家で録画放送を観て気に入ったらしく、それ以来うちでも観ています。

NHKノージーのひらめき工房 レッツ! ひらめき工作ブック (NHKシリーズ)

NHKノージーのひらめき工房 レッツ! ひらめき工作ブック (NHKシリーズ)

 

この番組の中で色んな音楽が流れるんですが、その音楽がなんとも不思議な曲調で。
CHI-MEY(チーミー)の特徴ある歌声が、やたらと耳に残ります。
なお、このCHI-MEYさん、嵐の「Monster」やももいろクローバーZ「Wee-Tee-Wee-Tee」などの作曲も手がけていたそうです。

あと、ノージー以外の登場人物のシナプー。
ちょっとアホっぽい子供のような妖精すが、このシナプーの存在も、この不思議な番組にかかせません。

世界観としては、ウゴウゴルーガに似てるかな、というのが虎ちゃんの印象です。

つくってあそぼ

わくわくゴロリの紙コップ・紙ざらでつくろう―NHKつくってあそぼ工作絵本 (NHKシリーズ)

わくわくゴロリの紙コップ・紙ざらでつくろう―NHKつくってあそぼ工作絵本 (NHKシリーズ)

 

こんな番組もありましたね。
1990年から2013年まで放送したこの放送です。
あまり観てませんでしたが、ワクワクさんによく似たおじさんが近所にいたので、何故か親しみを感じています。

なお、ゴロリのことを狼だとずっと思ってました。
熊だったんですね。

まとめ

よく観てると、簡単そうで意外に高度なテクニックを使っていたりします。
たまには紙コップとか画用紙で、子供と一緒に工作を楽しむのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク