読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

【卒乳できず】次女が乳児延長届けを申請し、正式に受理されたようです

育児

約1ヶ月ほど前から計画されていた次女の卒乳ですが。
まさかといいますか、ある意味やはりといいますか、正式に延期となりました。

もともとの計画

1ヶ月ほど前から、卒乳日を決めてやっておりました。
詳細は、コチラの記事になります。

で、無事めでたく先週末で卒乳の運びの予定でした。
が、辞める事ができませんでした。

スポンサーリンク
 

アクシデント

赤ちゃん

ずばり、卒乳の2日前に、次女が咽頭炎にかかり、熱を出してしました。
水分が必要、栄養が必要になってきますが、やはり食欲が落ちてきます。
彼女が頼るものは、母乳意外になかったようです。

いつも以上に要求するようになり、卒乳日も虚しく通過。
熱が下がっても、欲しがっています。

妻曰く、「風邪をひかせてしまったのは親の責任、こんな状態で無理に取り上げたら後悔しそう。」との事でした。
元々産まれた時に、一過性多呼吸でNICUに入って、出産直後、しばらく直接授乳できなかった事も「後悔」に含まれているのかもしれません。

今後の予定

カレンダー

基本的に、子供から取り上げるのが目的ではなく、時間をかけて「この日からマンマだけで生きていけるんだね、すごいね。」と言い聞かせ、十分でなくてもそれなりに理解させながら、という事で、かかりつけの母乳外来の助産師さんと計画をたててやっていってます。
そんなわけで、今週ダメだったから、じゃあ来週末に、というわけにはいかないのです。
この辺の考え方は人それぞれだと思いますが、うちの妻は長女もそうだったように、次女も同じように計画的にやりたいそうです。

恐らく、また1からやり直しで、ゴールデンウィーク明けに設定するか、あるいは自然卒乳という道を選ぶか。

最近は、昼間に催促しない日も多くなってきたので、自然卒乳もありかもしれません。

辞め方も個性

長女の時は一発で卒乳しましたが、今回は直前の風邪などのトラブルもありましたが、ある意味、次女らしい流れではあります。

まあ、いずれは辞めるだろうから。
次女がマンマ(食べ物)だけでちゃんと生きていけるようになる日を、焦らず楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーリンク