読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

演歌ってこのまま消えてなくなっちゃうの?

音楽

歌手そのものも、若い歌い手が減ってきているってのもありますが。
演歌を創る人も、かなり人手不足なんじゃないでしょうか、と勝手に心配してみたりして。
というわけで、今日は記事の合間合間に名曲を差し込んでみようと思います。
BGMに流しながら、どうぞ。

スポンサーリンク
 

これまでのオリコンの年間シングル1位が、こんな感じです。

また君に恋してる

また君に恋してる

1971年 わたしの城下町(小柳ルミ子
1972年 女のみち(宮史郎とぴんからトリオ
1973年 女のみち(宮史郎とぴんからトリオ) 

矢切の渡し

矢切の渡し

1974年 なみだの操(殿さまキングス
1975年 昭和枯れすゝき(さくらと一郎)
1979年 夢追い酒(渥美二郎)

襟裳岬

襟裳岬

  • 森 進一
  • Enka
  • ¥150

1983年 さざんかの宿(大川栄策
1987年 命くれない(瀬川瑛子) 

長良川艶歌

長良川艶歌

虎ちゃんの中で、演歌と歌謡曲の境目が、かなり微妙なんですけど、演歌にカテゴライズされているものは、こんな感じです。

最後の1位がなんと28年前の瀬川瑛子さんなんですね。
なお、「女のみち」が2年連続1位て、今では考えられないわけですけど。

レコード大賞に関すると、以前は演歌の受賞も多かったわけですが、直近では、1993年の無言坂(香西かおり)が最後でした。

大阪しぐれ

大阪しぐれ

最近、何があったというわけではないですし、日常的に演歌を愛好しているわけでもありません。

ただ、なんとなく、そんな事を思ってしまいました。
古き良きものは、なるべく残して欲しいものですね。

スポンサーリンク