色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

ポール・マッカートニーがとっくの大昔に死亡しているという事らしいですが

いや、ビックリしました。
が、真偽の方がどうなんでしょうかね。

リンゴ・スターが証言?

まず、こちらの記事ではリンゴ・スターの証言として「インタビューで、 「本物の」ポール・マッカートニーさんは、 1966年11月9日に交通事故で死亡した」と発言しているとのことです。

Icon

そして、2012年のロンドンオリンピックでも活躍した、現在のポール・マッカートニーは、事故の際に替え玉として選ばれたソックリさん、ウィリアム・シアーズ・キャンベルだというのです。


さらに、ジョン・レノンは、こういった虚偽に耐えられなくなって、ザ・ビートルズを脱退した、ということです。

元メンバーのリンゴ・スターの発言とあって、単なる噂レベルのゴシップでもなさそうな気はしますが。

スポンサーリンク
 

ジョージ・ハリスンも同様の発言をしていた?

上の記事の元ネタでは、更にジョージ・ハリスンの証言に言及されています。

内容としては、ポール・マッカートニーの死亡が知れる事で、ビートルズファンの追っかけ自殺を防ぐために、イギリス保安局であるMI5が、ポール・マッカートニーの死亡を隠蔽した、と。
更に驚くべきは、1980年にマーク・チャップマンに殺害されたジョン・レノンが、この事を公表するとしたため、暗殺されたのだというのです。

ジョージ・ハリスン自伝―I・ME・MINE

この辺は、ジョージ・ハリスンの思いとして発言されたということで、暗殺自体が事実なのか、発言そのものが事実なのか、ジョージ・ハリスン亡き今は知るところがありません。

真偽よりも大事なものもある気がする

今のポール・マッカートニーが、ホンモノなのか2代目なのか。
個人的には、どうでもいい気がします。

ザ・ビートルズのリアルタイム世代でない、というのもあるかもしれませんが、仮に1966年に本当に事故でポール・マッカートニーが亡くなっていたとして、もう48年。

ザ・ビートルズの名曲の時系列でいくと、Hey Jude(1968)や、Get Back(1969)、Let It Be(1970)等々の名曲は、1966年以降に発表されてるものです。

Hey Jude

Hey Jude

Get Back

Get Back

Let It Be

Let It Be

それらの歌と共に愛されたポール・マッカートニーは、今現在も活躍中のポール・マッカートニーだという事を忘れてはいけないと思います。


つまり、ホンモノか2代目かはさておいて、現在のポール・マッカートニーがいなければ、それらの名曲も、その後48年間にも及ぶ、多くの人の感動もなかったと思います。

大人のロック! 特別編集 ポール・マッカートニー 心のサウンド 増補版 ~全活動・全作品パーフェクトブック~ (日経BPムック)

だから、どっちでもいいじゃない。
数多くの感動をくれた、今のポール・マッカートニーを、これからも変わらず応援する、それだけでいいと思うんですがね。

スポンサーリンク