読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

新築一戸建てを選んだ理由 - 40代だけど35年ローンで新築一戸建てを買うことになった

生活

さて、今回は新築一戸建てを選んだ経緯について書いてみようかと思います。
これも、当初予定から随分変わった選択肢でした。

豪邸

要件

前回のエントリーでは、いくら近所住まいで頻繁に顔をあわせていたとはいえ、これまで一緒に暮らしたことがない義母と生活していくにあたって、やはりプライバシー(プライベート空間の確保)のことは考えておかないと、お互いに気疲れしてしまいそうだ、ということがありました。

その一つが、部屋の確保。そして、トイレ2個。
トイレ2個の時点で、一戸建てがほぼ前提となった感じです。

スポンサーリンク
 

中古一戸建て

最初は、年齢的なことがありましたが、そもそも予算のことなどあまり勉強しきれていなかったこともあり、初期を安く抑えられる中古一軒家をまず買って、リノベーションなどでカスタマイズする、ということを考えました。

そこで、不動産関係の職につく、実兄に相談してみたのです。
中古の場合
・ローンの上限が下げられることがある(そもそも購入価格が低いですが、資産価値的なものもみられる)
・ローンの期間が制限されやすくなる
など、金銭面的なことを指摘されました。
リノベーション前提としても、そもそも、物件を購入してからリノベーション、という流れになるため、同時にローンを組みずらくなる、という事も指摘されました。

さらに、別の知り合いの工務店経営者に聞いてみました。
・将来的に、上物の資産価値が著しく低下する
・維持費(改修、修繕)のサイクルが短くなることを覚悟しておいた方がいい
などの指摘がありました。
・気に入った場所に、妥当な価格の中古物件が、そう簡単に見つからないのではないか

どちらかというと、ネガティブな意見が多かった気がします。
まあ、中古とはいえ安い買い物ではないので、気になるところをズバズバ言われまして、とどのつまりは、考えが甘い!もう少しよく考えなさい!といったところなんでしょう。

新築一戸建て

あれだけ言われますと、まあ新築を前提にせざるをえないみたいなところがありましたが、考えないといけないのは、やはりお金です。
40代で、どういうローンが組めるのか、です。
その辺の細かいことは、また次回にでも、と思いますが、結果的には新築(建て売り)になりました。

理由としては、
・中古に比べて流通量が多く、価格帯や場所などでも、とにかく選択の幅が広い
・いうまでもなくキレイで、新生活感がハンパない

で、場所の選び方としては、
陽当たり重要
14時から16時で陽の当たり方を見た方がよい、とのアドバイスでした。

将来的に手放すことを考えるなら、少し高くても資産価値になりそうな場所を選んだ方がいい
これは、子供が独立してから、こんなにたくさん部屋はいらない、売却してローン返済にあてて、みたいなことを考えるなら、ということでした。
要するに、今、出費を抑えることを優先するか、将来的な資産価値を優先するか、ということです。
が、後者を選択することにしました。

土地+注文住宅

こういう選択肢も実はありました。
実際に検討してみました。
価格的には、建て売り住宅と変わりませんが、まず土地を買ってから、家を建てる、という流れになります。
となった場合に、
・完成までに時間がかかる
・まず土地のローンを組んでから、家のローンを組む必要がある
(その場合、建築中は今の家に住み続ける前提になるので、家ができまで、今の家賃+土地のローン(全額 or 利子のみは選択できるそう)と、一時的な生活コストが上昇する)
・建築会社をちゃんと選ばないと、建築側のローンを組ませてもらえない(家を完成する前に倒産リスクがあったりすると、ローンを組ませてもらえないことがあるそうです)
・ローンが分かれることで、諸々の手数料が倍になる
などなど。

割りとすぐに引っ越さないといけない感じでもあったので、今回は、注文住宅はあきらめました。
まあ、こちらは、好きな間取りで家が建てられる、という意味では、大きなメリットはありますので、諦めました。

予告

次回は、不動産勤めの兄や、工務店経営の知り合いに聞いた、こういう物件を選びなさい、みたいなポイントでも纏めてみようかと思います。

スポンサーリンク