読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

歯石除去とかいう快楽タイム

生活

今回は、歯石除去が好きだっていう、どうでもいいお話です。
少しの間、おつきあいください。

スポンサーリンク
 

きっかけ

もう5年くらい前でしょうか。
もともと虫歯がない人生を送ってたので、歯医者とは無縁でした。
が、会社の健康診断の歯科検診で、歯石がたまっているので、一度歯医者でクリーニングしてもらった方がいいと言われました。

で、行ってみた

毎日、ちゃんと歯磨きはしていたものの、所詮素人の所業。
磨き残しなんかがあって、それが積もり積もっていたようです。

1度では除去しきれず、2回にわけて実施してもらったのですが、目を隠して口を開けて座ってただけなのでよくわかりませんが。
明らかにとがった何かで、歯と歯茎の隙間をゴロゴリやってました。
で、たまに「一度席を戻すので、口ゆすいでください♪」って歯科衛生士さんが言うのです。

で治療椅子の脇についている水道で口をゆすぐと、血と、何やら黒っぽい、まさに石のようなものが。
こんなものが歯についてたかと思うと、なんだかショックと同時に、やってよかったと思いました。

ちなみに、最初の2回は、歯石が溜まってたこともあり、それはそれは痛かったです。
それでも、口をゆすいだ時に出てきた黒い何やらを思えば、やってよかったと思いました。
しばらく、歯に隙間が出来たような違和感がありましたが、すぐに慣れました。

その後

少なくとも半年に1回は行くようにしています。
定期的に行ってるので、何か水が出てくる機械で歯茎の部分を充てるくらいで済みます。
痛くも何ともありません。
「き~~~~~ん」っていう、あの嫌な音はしますが、歯は削ってないので、単なる機械の音です、多分。

ほっとくと?

歯槽膿漏の温床となるらしいです。
最初は痛いですが、きっと「やってよかった」と思うはずです。
まだ、やった事がない方は、一度やることをオススメします。

スポンサーリンク