読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々虎威 ゆるり

~IRO IRO TRY~

婚約指輪の相場と選び方 - サプライズ渡しのメリットとデメリット

今日は結婚記念日なので、婚約指輪について少しまとめてみようと思います。
これから結婚を考えている人の参考になれば、と。

婚約指輪の相場と選び方 - サプライズ渡しのメリットとデメリット

 

婚約 指輪を買ったタイミング

うちの場合ですね、プロポーズの後でした。
結構長く付き合ってたこともあったし、結婚を意識した話とかもたまにしてたから、ある意味既定路線だったってのもありますが、妻の性格上「自分で選びたい」っていうタイプだったので、プロポーズの後、二人でジュエリーショップを何箇所か回って、妻が気に入ったものを購入しました。

スポンサーリンク
 

サプライズ渡しのメリット・デメリット

よくドラマとかであるじゃないですか。
男性が単身でジュエリーショップに買いに行って、プロポーズの時に指輪を渡して「わぁ!!」ってアレ。

メリット

うちは現実路線で行ったので経験してませんからわかりませんが、やっぱり記憶に残りますよね。
あとは、自分の財布と自分だけで相談できますね。
いただき物の値段をいちいち詮索する人は少ないと思うので、経済事情がある人には、これは大きなメリットかもしれません。
婚約指輪なんて、結婚した後は装着する機会があまりないので、そういう意味で割り切ってしまうという考えもあるかもしれません。

デメリット

うちの妻みたいな性格の女性だと、その時は「わぁ!」とか言うかもしれませんが、後々難癖を付けられる可能性はあります。
あと、指輪のサイズがきちんと把握できていればいいですが、そうでない場合は、後からサイズ変更しに行かないといけませんね。
大抵は無償でやってくれると思いますが。

なお、これは考えたくありませんが、プロポーズ拒否された場合、せっかく大金はたいて買った指輪が・・・なんて事も。

二人で選ぶ場合のメリット・デメリット

もしかしたら、結婚が決まって、初めて二人の共同作業になるかもしれませんよね。

メリット

彼女が気に入ったものを買えます。
結婚が決まったばかりのこの時期、とにかく彼女が輝いて見えます。
指輪を選んでる時の嬉しそうな顔は、その後、なかなかお目にかかれなくなるかもしれませんので、とても貴重かもしれません。

デメリット

やはり財布との相談、これに尽きます。
この時期は、まだ財布は別々のケースが多いですからね。
自分なりの予算があったとしても、彼女の欲しそうな顔を、店員さんの決断を迫る言葉とで、「男の見栄」が発動しやすくなるのは、言うまでもありません。
ただ、そうは言っても、あまりにも現実離れしたものを買ってしまうと、結婚生活後の経済事情に支障を来すことになるので、そこは正直に彼女を説得しましょう。

最近の婚約指輪の相場って?

かつては「給料3ヶ月分」なんてよくわからないキャッチフレーズがありましたが、最近は違うようです。
大体、平均して20万円から40万円の間だそうです。*1
なお、うちは今の平均より少し上でした。
これは自慢とかそういう事ではなくて、購入した2007年当時はプラチナがかなり高騰していて、それが影響していたこともあります。

購入の決め手

妻にプレゼントした指輪は、ダイヤモンドを得意とするラザールダイヤモンドさん*2でした。
購入の決め手になったのは、店員さんの、あるアドバイスからでした。

要約すると、こんな感じです。

同じ値段でも、石の回りに小さなダイヤが散りばめられたり、リングに小さなダイヤが散りばめられていると、一見、高級そうに見えますよね。
でも、あれは原石としては殆ど価値のないもので、単体で商品価値がないものを、見せかけで使ってるだけなんだそうです。
だから値段が同じ場合、シンプルなものほどメインになる原石の価値が高いと言える、という事でした。

あと、同じように見えるダイヤモンドでも、顕微鏡で見ると、黄色かったり、青白かったりするんですね。
実は、この時に見える「」で価値が変わってくるようです。
詳細は等級表と見比べながら、ということになりますが、これを購入時にやらせてくれない業者は、ダイヤモンドそのものに自信がない業者、ともおっしゃってました。

ないと思いますが、将来的に諸事情で売却する時があるとすると、ダイヤモンド自体の質で大きく値段が変わってくるというわけです。

なお、ラザールダイヤモンドさんでは、購入を決める際に見た原石と、購入後、実際に受け渡される指輪に使われてる原石が同じであることを、原石に刻印されているシリアル番号で確認させてくれます。
その辺も、信用・信頼の証なのかな、と。

まとめ

彼女の性格や好み、経済事情などによって、選択肢は十人十色です。
もちろん、ダイヤモンドが散りばめられた、キラキラとしたデザインも、それはそれでいいと思います。
何よりも、彼女が喜んでくれる事が大事ですからね。

でも、どうしていいか分からず悩んでる男性がいれば、選択肢の一つとして参考にして頂ければ、と。

追記

2016/07/20
自分の体験からいくと、結婚式に関しては、あんなにお金をかけなくてもよかった(後の生活費に廻せるものは廻した方がよい)と思いますが、結婚指輪はやっぱり、それなりのものをあげた方がいいと思ってます。というか、そうしてよかった。
理由は単純で、彼女(妻)自身が、自分の価値としてどう思われているか、という部分があるからです。
ここでけちると、きっと後で「あの時」のことをほじくり返されそうな気がします。
これは、予想的な意味合いも含めて、ですがね。

スポンサーリンク